出会い系サイト年齢確認とは?

MENU

法律改正により必要になった出会い系サイトの年齢確認(18歳未満でない確認)とは

平成20年5月、18歳未満の児童を出会い系サイト利用による犯罪から守ることや、出会い系サイト運営事業者に対する規制を強化すること等を目的として、出会い系サイト規制法が一部改正されました。

 

・出会い系事業者の届出制導入
(平成20年12月施行)

 

・年齢確認(18歳未満でない確認)
(平成21年2月施行)

 

が改正の大きなポイントです。

 

これにより、出会い系サイトを運営する事業者は、事務所所在地の都道府県公安委員会に事業の実体を届けなくてはなりません。

 

そして、サイト内において、出会うために指定する日時・場所に関する情報やメールアドレス・電話番号などの連絡先情報(特定情報)を送受信する場合には、

 

18歳未満でないことの年齢確認
(児童でないことの年齢確認)

 

が義務付けられました。

 

これらにより、違法な悪質出会い系サイトが排除されるかと期待されましたが、現状ではまだまだという感は否めません。

 

サクラしかいなくて実際に出会うことができない出会い系業者などは、

 

「出会いを提供していないので特定情報の送受信はない」

 

といったふざけた理由で年齢確認をしていない出会い系サイトも存在します。

 

このようなサイトは今後淘汰されていくとは思いますが、今のところはまだ存在しますので、決して利用しないようにして下さい。

 

お金を使わされるだけで、永遠に出会えません。

 

どちらにしても、今回の年齢確認はあくまで年齢が確認できればいいだけで、顔写真・住所・名前などの個人情報は必要ではありません。

 

本人確認ではないので、個人が特定されるような情報は隠してもいいのです。

 

当サイトに掲載の出会い系サイトでは、確認する書面に応じて簡単に顔写真・住所・名前を隠すことができるフレームやアプリを用意していますので、簡単に年齢確認を受けることができます。

 

年齢確認する書面も、クレジットカードや運転免許証の他に、

 

・健康保険証
・社員証
・学生証
・病院の診察券
・卒業証書
・パスポート

 

等、色々な書面で確認を受けることができます。

 

確認は一度受ければ、次回以降の利用では必要ありません。

 

当サイトオススメ
安心して年齢確認できる
優良出会い系サイト

 

▼ハッピーメールを無料登録で試してみる▼

ハッピーメール公式サイト